研究業績・著書 翻訳

著書(自著)

  1. 『セクシュアリティと性教育』    1993年3月    青木書店
  2. 『〈子どもー大人〉同時代を生きる -「らしさ」をこえて』    1998年8月    南の風社
  3. 『〈教育〉からの離脱』
    2000年4月
    青木書店
  4. 『新装版セクシュアリティと性教育』
    2003年5月
    青木書店
  5. 『ドイツにおける男子援助活動の研究―その歴史・理論と課題』
    2009年4月
    大月書店
  6. 東ドイツ“性”教育史ー性をめぐる状況と「生物」教授プラン    近刊    かもがわ出版

翻訳

  • ハンネローレ・ファウルシュティッヒ・ヴィーラント『ジェンダーと教育―男女別学・共学論争を超えて』    2004年1月    青木書店(監訳)

著書(共著)

  1. 『現代の哲学研究』   1977年12月    合同出版
  2. 『講座哲学1 はたらく・いきる』    1982年2月    学習の友社
    第3章 今日における自分〉の問題
  3. 『社会形成と人間の教育』    1985年2月    第一法規
    (高知大学現代教育研究会)        第1部第3章
    道徳性の構造と発達
    第2部第2章
    青年の平和意識と平和教育の課題
  4. 『かたりあう青年心理学』    1988年5月    青木書店
    (心理科学研究会編)
    第4章  「学ぶ」
  5. 『競争の教育から共同の教育へ』    1988年9月    青木書店
    第2章「子ども・発達・教育の見直しを」
  6. 『拘泥講座』    1990年1月    汐文社
    「はじめに」「あとがき」, 第6章「自分らしいセクシュアリティを探し求めて」
  7. 『中学・高校教師のための教育心理学』    1993年5月    有斐閣
    第2章「児童・青年期と発達」の第1節「発達とは何か」
  8. 『時代批判としての若者』    1994年11月    同時代社
    「はじめに」「Ⅱ〈子ども-大人〉関係の流動化とその可能性」
  9. 『生き方のかたち―現代社会と若者』    2000年1月    かもがわ出版
    「Ⅴ 暴力の関係から受容と共同の関係へ」
  10. 『現在の子どもがわかる本』    2000年9月    学事出版(日本教育学会課題研究「変化する社会と子どもの異変」報告書)
    「子どもとセクシュアリティ」
  11. 『教育哲学のすすめ』    2003年1月    ミネルヴァ書房
    「第6章 子ども」
  12. 『リーディングス 日本の教育と社会 子どもと性』    2007年6月    日本図書センター
    第2部7「現代の「性」をめぐる状況と性解放の視点」
  13. Jungenforschung empirisch: Zwischen Schule, männlichem Habitus und Peerkultur 2009年9月 VS Verlag(Deutschland)
    Jürgen Budde/Ingelore Mammes (Hrg.) Jungenprobleme im heutigen Japan – “Gewaltskultur” und Kommunikati-onsprobleme in der Schule.
  14. 『哲学から未来をひらく 第1巻』 2009年11月 青木書店
    21世紀への透視図――今日的変容の根源から 第2章「生命をつなぐ・つむぐ――〈生命継承性〉とその課題」
  15. 『大人になる前のジェンダー論』 2010年4月 はるか書房
  16. 『こんなに違う!世界の性教育』 2011年4月 メディアファクトリー..
  17. 『論集 現代日本の教育史 4 子ども・家族と教育』
    刊行年:2013年6月
    出版社:日本図書センター
  18. 『男性問題から見る現代日本社会』
    刊行年:2016年9月30日
    発行:はるか書房
    発売:星雲社